読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maimoi日記 おまけ

映画と本  時々 ハリネズミ

映画 『 ハンナアーレント 』

  

ハンナ・アーレントの場面カット画像

 


映画『ハンナ・アーレント』予告編

 

ストーリー

1960年、ナチス親衛隊でユダヤ人の強制収容所移送の責任者だったアドルフ・アイヒマンが、イスラエル諜報(ちょうほう)部に逮捕される。

ニューヨークで暮らすドイツ系ユダヤ人の著名な哲学者ハンナ(バルバラ・スコヴァ)は、彼の裁判の傍聴を希望。彼女が発表した傍聴記事は大きな波紋を呼ぶ……。

 

 

理解しようと思ったら混乱や悲しみに引っ張られてしまうことも多いし、理解するのではなく理解できるまで、自分がそこにたどり着くまで、

ただ受け入れて、それを眺めているのが良いと思っていた。

 

それで良いこともあると思うのだけれど、考えることについてアーレントが語りたかった事が、いろんなシーンに散りばめられていて胸に響いた。

考えている事を表に出さなくても、考えることをやめてはいけないということ。

 

 

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…..

 

maimoi 日記  → 

代官山整体 HP  → ☆