maimoi日記 おまけ

映画と本  時々 ハリネズミ

映画 『ダラス・バイヤーズ クラブ 』

 

ダラス・バイヤーズクラブの場面カット画像

 


映画『ダラス・バイヤーズクラブ』予告編

 

主演マシュー・マコノヒーがすごい。

脇をかためた、性同一性障害エイズ患者・レイヨンジャレッド・レト)もすばらしかった。

 

ストーリー

1985年、HIVの知識はまだ一般的ではなく、蔓延しはじめていた時代、

ある日突然、電気技師ロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)は、HIV陽性と判断され、余命30日の宣告を受ける。

米国には認可された治療薬が少ないことを知り、

その代替薬を密輸して『ダラス・バイヤーズクラブ』というアングラ組織をつくるのだが、、

 

この映画をみて、

製薬会社や医師= 悪と見るのは、安易で愚かだと思う。

人一人の力で、有用な無認可薬を、国に認可させた功績は、

対立する悪(この場合は製薬会社や医師、薬)があるからこそ、分かりやすくはなるけれど。

 

ロンの視点は変わっていく。

電気技師から、HIV患者、そして経営者へ立場は変わるけれど、本人が変わるわけではない。

立場によって本人が変わるわけではないけれど、視点が変わる。

そこがおもしろかった。

 

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…..

 

maimoi 日記  → 

代官山整体 HP  → ☆