読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maimoi日記 おまけ

映画と本  時々 ハリネズミ

映画 『 路上のソリスト 』 

 

 

 20150206082802 

 


路上のソリスト

 

LAタイムズの記者ロペスが出会った、路上生活者のナサニエル。

彼は、統合失調症を発症しジュリアード音楽院を退学した天才チェリストだった。

 

壊れかけた弦二本のヴァイオリンを路上で弾くナサリエルは、心底音楽を愛している。

ロペスが彼を題材にコラムを書き始めると、

ナサリエルは一躍有名になり、立派なチェロが寄付された。

彼と彼の音楽を救おうとするロペスは、強引に頑張ってしまう。

 

ナサニエルは、「助け」を必要としていないし、ロペスとの友情を大切にしていたのに、

治療や清潔な部屋という「助け」を与えようとしてしまう。

この関係の視点はとても大切で、

相手がなにを求めているかは、想像力を必要とするのだけれど、

得てして、これはなかなか難しい。

 

ロペスの気持ちも、とてもよく描かれている。

個人の尊厳とはなんだろう。

 

ナサニエルが愛するベートーヴェン最後の長い長いエンドロールがとてもよかった。

 

 
 

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…..

 

maimoi 日記  → 

代官山整体 HP  → ☆