maimoi日記 おまけ

映画と本  時々 ハリネズミ

映画 『 パプーシャの黒い瞳 』

 

f:id:maimoi1231:20160326100342j:image

 


『パプーシャの黒い瞳』予告編

 

ストーリー

まだ幼い母親から、人形(パプーシャ)と名付けられたジプシーの赤ん坊は、

少女になり文字に興味を持つようになる。

文字は、ガジョ( ジプシー以外のよそ者 )の呪文、悪魔の力だとジプシーたちは忌み嫌ったけれど、

パプーシャは、街の白人に読み書きを教えてほしいと頼み、文字を覚えてしまう。

15才で年の離れたジプシー演奏家と結婚、

彼女の詩の才能を発見した、詩人イェジ・フィツォフスキとの出会いと別れ、

本を出版したことでジプシー社会から追放されるなど、

激動の人生を歩んだ、実在のジプシー詩人 プロニスワヴァ・ヴァイスの物語。

 

 

映画『オーケストラ!』 の陽気なジプシーたちと、

パリを旅行したときに、スリだから気をつけてと嫌われていたジプシー。

ジプシー文化をよく知らずに惹かれて見た、すごく良かった。

 

酒場で演奏をして、留置所に一族ごと入れられても、歌い踊り続けているところはとてもおもしろかった。

ひとりの看守が頭をかかえる横で、あまりに楽しそうに音を奏でるので、もう一人の看守はちいさくスウィングしている。

 

物語は、ジプシー達を強制的に定住させる政策が施行された後へと続く。

文字は、ジプシーのつらい歴史を残すものだからといって嫌う、

パプーシャがよそ者のガジョに、ジプシーの誇りを売ったと長老たちは怒る。

ヨチヨチ歩きのときから細胞に染みこんでいる、民族のリズム、音、

共有している感情や言語は、我々のもの、

という強い集団意識と閉塞感が伝わってきた。

 

日本語独特の響きにも、近いものがあると思う。

モノクロで静かで、好きな映画。

 

 

f:id:maimoi1231:20160321140831j:image 

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…..

 

maimoi 日記  → 

代官山整体 HP  → ☆