読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maimoi日記 おまけ

映画と本  時々 ハリネズミ

映画 『 アデル、ブルーは熱い色 』

 

f:id:maimoi1231:20160326095725j:plain

 


La vie d'Adèle. 3 hours in 3 minutes.

 

ストーリー

教師を夢見る高校生アデルは、運命的に出会った画家エマに魅了され、

情熱的に愛し合うようになる。

数年後、念願の教師になったアデルは、アデルをモデルに絵を描くエマと一緒に住み、

幸せに満ちあふれた生活を送っていた。

しかし、エマの作品披露パーティーをきっかけに、少しずつ二人はすれ違っていく

 

『ミッドナイト・イン・パリ』 の、パリの本屋のお姉さん、

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』 の女殺し屋、

『美女と野獣』の美女 、

そして、『007 スペクター』 の、ボンドガール

 

レナ・セドゥの顔と雰囲気がすごく好きで、

ストーリーにはとくに惹かれなかったんだけど、借りてみた。

すごくいい映画だった。

 

女の子同士の本気なセックスシーンが話題だったそうで、

好きな人を見つめる、戸惑う、揺れる、ふとこぼれ落ちる自然なアデルの表情がとても魅力的だった。

たまたま好きになった人が女性だったというアデルと、根っこからレスビアンのエマの、細かいズレの描き方も丁寧で分かりやすかった。

 

印象に残ったのは、

アデルが、画家のエマ(レナ・セドゥ)と別れるところ。

アデルはあまり感情表現が豊かな方ではないんだけど、もう心の底から悲しんで泣くもんだから、

後悔も寂しさもごちゃ混ぜで嗚咽しながら、泣きながら街を歩くところとか、

ぐっときた。

 

 

f:id:maimoi1231:20160320081945j:image

綺麗な人

 

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…..

 

maimoi 日記  → 

代官山整体 HP  → ☆