maimoi日記 おまけ

映画と本  時々 ハリネズミ

映画 『 ピーターブルックの世界一受けたいお稽古 』

 

 f:id:maimoi1231:20160721143747j:image

 


映画『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』

 

ストーリー

偉大な演出家、ピーター・ブルックの2週間に渡るワークショップに密着したドキュメンタリー。魔術的と称される演出家が、第一線で活躍する俳優やダンサーたちに演技指導をしていく。

静かな語り口のなかに散りばめられた、彼の人生哲学と、5台の隠しカメラが捉えた、参加者たちの変化が見どころ。

 

ピーター・ブルックの演技指導では、かならず絨毯が使われるのだそう。

おおきな絨毯の上は、彼の結界のようなもので、例え稽古場がどこであっても、区切ったそこのなかにいつもと同じ空間をつくる。

 

参加者たちは、まず綱渡りをさせられる。

絨毯の上にロープが張られていると仮定して、そのロープの上を好きなように歩いて進む。

想像力を駆使する作業で、体に信じ込ませないといけない。不安定な揺れるロープの上を、どう歩くか。

 

抜群に上手かったのが、舞踏家のシャンタラ。

映像でアップになると、ゾクッとするほど神経が研ぎ澄まされていて鳥肌が立った。

深い絶望を、髪をほどく動きだけで表したときは緊張感で息を詰めた。

 

内面の動きは見えないのだけど、舞台を観る人にはそれが赤裸々に伝わる怖さ。それをピーター・ブルックは熟知しているし、ワークショップに参加したプロの俳優たちも理解している。

じゃあ、表現者としてどのようにその壁を乗り越えていくか。

 

とくに特別なことを言うわけではないので、哲学書を読めばきっと同じようなことが書いてあるだろうけど、

すごいなと思ったのは、ピーター・ブルックの観察力で、隙を見せたらザクッと切られそう。

演じることから、如何に離れるか。

力みも深読みも、心の動きも見透かされてそうで、直接に指導を受けたらきっついだろうなと思った。

優しそうなおじいちゃんなんだけどね。

俳優のヨシさん、音楽家の土取さんは味わい深い魅力があって素晴らしかった。

 

 

f:id:maimoi1231:20160721141135j:image

 

f:id:maimoi1231:20160721141141j:image

 

f:id:maimoi1231:20160721141146j:image 

土取さんは素晴らしい名脇役。

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…..

 

maimoi 日記  

代官山整体 HP