読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maimoi日記 おまけ

映画と本  時々 ハリネズミ

『 夜が来ると 』 フィオナマクファーレン 著

 

夫を亡くして、海辺の家にひとり暮らす75才のルースは、ある夜明け、家の中で大型の虎が動きまわる音と息遣いを感じた。

その日、ルースの元へ女性が訪ねてくる。

自治体がよこしたヘルパーだと名乗る女性フリーダが、ルースの生活と心に忍び込み、家に根を張り、操り、奪っていく物語。

 

がつがつと食べつくす猫たちを見守った。この食べ方はどこか聖書を思い出させると感じた。  疫病に似ているのだ。

.....

身に余る欲求不満を感じたときだけ使える、別の言語を知っていればよかったとルースは思う。

 

あまりにも掃除が行き届いた家は、自分に言わせれば、殺菌力のある猫の舌ですみずみまで舐めまわされたかのようで、かえって不快感があった。

 

ぐいぐいと引き込まれる。

ルースの人格や、生い立ちを丁寧に描写することで、

彼女はどのように受け取るか、どこで不安に思うか、度胸、プライドがどうでるか、

読み進めながら少し見当がつく。

なので、彼女を絡め取るために張られた罠に気付いてしまうのが怖い。

ルースは罠に落ちるだろう、落ちた、この罠にもハマるだろう、落ちた、、

と、一つずつドロ沼に埋もれていくのを見せられる。

 

妄想ではなく痴呆。

 

ハリーが亡くなって以来、ルースは何かをしたいと思うことがほとんどなくなっていた。フリーダは欲する人だった。床をきれいにしたいし、ウエストを細くしたいし、髪の色もしょっちゅう変えたい。フリーダはみずからの欲望で世界を満たしていた。ルースはそれが羨ましかった。あんなふうでなぜいけない?

 

 

どこで転換したんだろうと読み返したときに、この一文でハッとした。

密室のなかで相手への依存を深めていくとき、欲望をまっすぐ見せられると、安心するんだね。

痴呆が一気に進む。

そしてルースは安らかに騙されていく。

あまりにも安らか、彼女は自分で選択したと、自分で感じている。

 

詐欺に合わないためには、ある程度騙しのテクを知識として知っておくべきだけど、

これは、騙された高齢の母よりも、息子たちの気持ちになってしまう。

振り返ると、守れたかもしれない、でも、やっぱり彼らがその都度選んだことは最善だったと思う。

 

 

夜が来ると

夜が来ると

 

 

 

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

 

maimoi 日記  

代官山整体 HP