読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maimoi日記 おまけ

映画と本  時々 ハリネズミ

映画 『 サムソンとデリラ / Samson and Delilah 』 

 

 f:id:maimoi1231:20160212223022j:image

 

samsonanddelilah.blog.indiepixfilms.com

 

 

アボリジニの少年サムソンと、

祖母の看病をしながら、アボリジニの伝統的な点描画を描いている少女デルタの話し。

 

セリフがとても少なくて、

サムソンの、君が好きだアピールが、

自分のマットレスを持って、黙ってデルタの家の庭に引っ越してくるような、

分かりやすさ。単純な行動をいいなと思った。

 

看病をしていたデルタの祖母の死をきっかけに、

おなじ居住区のおばさんたちから理不尽な暴行をうけたデルタは、

サムソンとふたり逃げるように都会にでて、

橋の下で生活をはじめる。

辛いのでどんどん無気力になり、(シンナーのかわりに )ガソリンを吸い続けて廃人のようになっていくサムソンと、

アボリジニに対する差別、搾取、無関心を一身に受けるデルタ。

なんとか絵を描いて糧を得ようとするデルタを、次々と苦難がおそう。

なかなかどうして、救いが見当たらない。

 

いい映画で、

どこが?と聞かれたら、 幼稚だとおもっていたふたりの絆の深さ。

お互いを見捨てないのだけど、

そうする他ないから、という状況で、二人の心根がいい。

マイノリティーの人を軸にした映画は、撮る側が観る側のために、

どこか似非っぽい、偽善っぽい落としどころをつくったりするのだけれど、

そういうのがあまりなかった。

 

 

乾燥した音楽と、赤茶けた土や岩の広がる景色で、

ストーリーはまったく違うのだけど、

「 クリムゾンの迷宮 」という小説を思い出した。

選択肢も情報もほとんどないサバイバル。

 

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)

 

 

 

 

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…..

 

maimoi 日記  → 

代官山整体 HP  → ☆