maimoi日記 おまけ

映画と本  時々 ハリネズミ

映画 『 ザ・ウォーク 』

 

 f:id:maimoi1231:20160628140556j:image

 


映画『ザ・ウォーク』予告

 

あらすじ

1974年、ワールド・トレード・センターで命綱なしの空中綱渡りに挑戦した、フィリップ・プティの著書を実写化した実録ドラマ。

 

友人と、早稲田松竹 に観にいった。

フィリップ・プティの回想シーンがあるので落ちてないことは分かるのだけど、

足の裏からじわじわと汗が吹き出てくる。

高所恐怖症の方は耐えられるか分からないけれど、この綱渡り一見の価値あり。

 

まだ成し遂げたことがないものへチャレンジする人は、総じて「 自分の扱いが難しい 」と、弱音をもらすのではないか。

突き進むフィリップの葛藤や信念と、共犯となった仲間たちとのやりとりも見所。

地上411m の高さを無許可で綱渡りする、その目的がぶれないので、

そこへ行けばいい、その過程でアクシデントが起きても違う道筋を見つけて進む、

その意思の強さは、誰かが容易く扱えるものじゃないから孤独になるのは仕方ない。

アニーの決断もすこし分かる。

ひとつの終わりをみてしまったあと、とらわれずに共に生きていけるのどうか想像したのでは。役割のおわりを納得したらもうそこにはとどまれない。

 

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…..

 

maimoi 日記  

代官山整体 HP